支払日の明くる日からその次の〆め日の到来までに繰り上げ弁済

借金といったものをするとなると定期的に指定の時、口座から自動手続きで弁済がされていくと思います。

TVCMで現金自動支払機で随時支払が可能であるということに言われてますがそれというのは毎月の弁済というものとは別口で弁済する際のについてを言及しているのです。

こういった弁済を早期支払いというふうに言い、残金全ての額について出す返済を総額一括返済一部金を支払いするような返済を一部前倒し返済と呼称します。

これというのは臨時所得などのもので経済に余祐というものが有る時にはATMや銀行振込等により一部金または全てについて弁済することができるようになっているのです。

さらにこうしたこと以外にも早期支払いには長所というものがおおくあって難点といったものはほぼないのです。

利益とは別口によって支払する事で、元金全体について少なくするということを可能ですので支払回数が少なくなり、金利に関しても軽減することができ弁済トータル自体を切り詰めることができ、一石二鳥の返済方式なのです。

しかし意見したい点は、どんなタイミングで早期返済するかという点です。

企業には支払期間と他に締め日がというものがあったりするのです。

例を挙げますと15日が〆で次月10日の支払だとすると月中から以降については次の月の利率というようなものを合算した返済額が決定してしまったりするのです。

つまり15日以後早期支払した場合でも、来月分の支払い金額が決定してますからその期間に繰上弁済したような場合でも次の月の引き落し金額に対してはこれっぽっちも影響しないのです。

よって前倒し返済というものがすぐ効力を表象する為には、支払日の明くる日からその次の〆め日の到来までに繰り上げ弁済することが要求されます。

しかし、そういった時の利子の差引といったものはごく少ないものです。

それ位は意に介しないと言う人はいつでも自由自在に繰上支払してもいいと思います。

少しでも少なくしようと希望する方は、支払い期限から〆までのタイミングで早期支払いしてください。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.huntleysisters.com All Rights Reserved.