www.huntleysisters.com

残念ながら現代では極珍しいケースを別にして切手ショップでショッピングをしてもクレジットを用いる事が出来る売店なんてものは無いのです。上記の原因で、MasterCard、NICOSなどの券を駆使した遠まわしに使うクレジットカード使用の手法は大抵は全く運用する事はほぼ不可能だと思われます。それではどういう技を使えば間接的クレジットカード使用が出来るのでしょう?と聞かれるとその方法とは現代で、幅広く支持されている電子マネーという名称のPASMO、Webmoney、QUICPay、とかSuica(スイカ)、nanacoなど。まだほとんど知られていないが、こういうものを利用して間接的クレジットをやるという事が出来るようになるのです。PASMO、iD、Smart Plus、だったりWAON、nanacoなどはクレジットカードで買い付けることが出来るギフト券…PASMO、QUICPay、またVISA Touch、nanacoなどに慣れていない人々から見てみると、ハードな感じを想像する可能性があるかもしれませんが電子マネーはたとえるならただの金券です。JCB、American Express、Diners clubなどのギフト券とまるっきり違いはないです。重ねてそういう電子マネーという物はクレジットカードを用いて簡素に買い付けする事ができる所が利点だったりします。また電子マネーは今やネットショッピングかわきりに、レストランやいろいろなショップなどなどであっても運用出来得ることになっている。「当ショップの支払いにはクレジットはご使用にならないでください」といった感じで注意されてあるような店においてもEdy(エディ)、iD、またはSuica(スイカ)、WAON、nanacoなどを使用するなら活用できるケースが数々存在するのです(キャッシングポイントが確実に貯まる)。言い換えればクレジットが使えない販売店においても間接的にクレジットを実用する技でクレジットカードポイント分だけ儲けていただこうという手段です。普通に買い物を満喫するだけだと得られないクレジットポイントであるため何としても、運用しちゃってほしいのです。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.huntleysisters.com All Rights Reserved.